えびちゃりログ

初心者ロードバイク乗りの記録

尾根幹線道路デビューしてパンステージ エピソードに行ってきた

 見知らぬ道は怖いが行かねばわからないので、行ってきた。アップダウンの練習になるという噂の尾根幹こと尾根幹線道路に行ってきた! with 同居人。

※尾根幹線道路とは、稲城と町田を結ぶ道路。道が広く、丘陵地帯を走るためにアップダウンが激しい。ロードバイク乗りのトレーニングスポットとして人気らしい。

 どこかの誰かがルートラボで作成してくれた尾根幹のルート。

尾根幹1 - ルートラボ - LatLongLab

 坂込みの100kmを走るための練習にはちょうど良さそうなので行くことにしました。ぶら下げるニンジンは、ロードバイク乗りさんのブログでよく見るパン屋さん「パンステージ エピソード」に決定。

パンステージ プロローグ|エピソード

 

 

いざパン屋編

 尾根幹はたまリバー近くにある矢野口ローソンのあたりがスタート地点。そのため、そのローソンには数多くのローディが補給をしにきます。おかげでサイクルラックが設置済みでありがたや~~~

 朝ごはんはしっかりと食べてきた(玉子かけご飯&チョコバナナクレープ)。しかしここは気合を入れて、即攻元気ゼリーをちゅるん補給。いざ、尾根幹へ。

 色々な坂などについては、ブログ「しおいんですけど」をとっても参考にさせてもらってます。尾根幹は血の味リストには入っていませんが、ちょいちょいツラい模様。

しおいんですけど : 尾根幹の先には何があるのか? シシ神の森でクロワッサンを食べようライド

 バーミヤン坂が終わればあとはまぁどうにかなるらしいので、割と気楽に開始。

 最初から坂が出迎えてくれるというのは知っていたけれど、出迎えの時点で息が切れちゃう……。でもまだこの先に強敵がいるかと思うと、ギアも残しつつシッティング。

 なんとか最初の坂を倒しても、ほどなくして噂のバーミヤン坂。手前で止まり水をたっぷり補給してレッツゴー。

 つ…っらぃ

 前半ということもありまだ体力は残っていたので、つらいながらもなんとかこなす。坂のてっぺんからシュルシュル~と下りるのは爽快ですね! そして下りきった先の赤信号&上り坂。…以降、そんなのが何度も繰り返されました。徐々に自然と「あ゛あ゛~~~~~あ゛がああああ~~~~」って叫んでました。

DSC_1430

 今年一番の暑い日でしたけれども、時間帯が良かったのか道の端には街路樹の影が落ちていたので、そこは比較的走りやすかったですね! 行くなら午前中がマストであると胸に刻みました。

 水が切れたので途中でコンビニに立ち寄り。どや顔ヤドン。

DSC_1432 ここのコンビニにもたくさんのローディが来てました。大学生らしき男の子らに撮影を頼まれたので撮影したりした。楽しそうでよすよす。

 気づけば尾根幹の8割くらいは来ていたみたいで、元気出る。パン屋に向かって進む。尾根幹と別れを告げてパン屋方面に曲がると、一気に片田舎な風景に。撮影しなかったことが悔やまれます。

 ちょいちょい地図を見て位置を確認しつつ、やっと到着。

 パン屋さんにはサイクルラックもイートインのテラス席もあって、目的地に本当にちょうどよい。11時頃に到着したけれど、パンは結構あった! 今日は持ち帰りも考慮して、でかいサドルバックなのだぜ! というわけで、どーんと買う。

DSC_1433

 結局、この中のクルミパンとフォカッチャは持ち帰り。お店を離脱する前にまた店内で塩パンと林檎のハード系パンをゲット。(塩パンは帰宅後食べたけれど、よい塩加減と、カリッとふわっとした食感で大変よかった。さすが人気度第2位)

DSC_1435

 

地獄?の帰り編

 帰りは尾根幹か未踏の鶴見川CRかと悩んで、敢えてつらそうな尾根幹をチョイス。今日は修行ですのだ。

 ちなみに、来るときは「南多摩斎場入口」って交差点の近くから細い道を入って県道155号に合流してパン屋まで来た。帰りも似たような感じで県道155号を使おうと思ったのだけれども、県道156号というのも近くにある。せっかくだからそれを使ってみるかーと軽い気持ちで決めてしまった。……それはよくなかった。

 あまりの後悔から地図に書き込みをしてみた。行きが青い線、帰りが赤い線である。

turai

 帰りの最初の「つらい」ポイントは、平坦からのいきなり坂です。壁かなとかちょっと思った。しかもこの道、割とダンプカーが通る上にそこまで広くない。怖い。Stravaによれば、500mくらいで9.6%らしい。あれでまだ一桁。つらい。

 もう一つ、赤い経路の最後のほうの「つらい」ポイントは300mくらいでやっぱり9.6%らしい。それまでのアップダウンでヒットポイントがゴリゴリ削られていたのと、道が狭いし端が荒れていたので心が折れました。足をついて歩道に移動して押して歩いた……。もう二度とこの経路は使わないぞい!!!!と心に誓ったのだった。(いつか劇的な成長を経た後なら、リベンジしてもいいかもしれないけど!!)

 まぁそんなこんなでヘロヘロになりつつ尾根幹に戻り。でも、帰りは行きより全然アップダウンがなかった。途中から公園の脇の緑道?みたいなところを走ったから。そしてその道を知ったのはたまたま前を走っていたロードバイクのお兄さんについていったから。何故、そのお兄さんに素直についていこうと思ったかといえば、お兄さんは全身ソニック・ザ・ヘッジホッグのサイクルジャージだったから!! ソニックを追いかけたい!!! もしも信号で止まったら「ソニックのジャージ、いいですね!」って言いたいかも!!!! そんな気持ちで緑道へ。さながら、テイルス!!!!!!

 とまぁ、死んでいた心は生き返ったのですが、体が悲鳴を上げたので、木陰で休憩して背中を見送りました。ジャージの背中、ソニックが「カモン!!!」としているイラストなのでほんと元気出た。ありがとうお兄さん。ありがとうウェイブワン。ありがとうセガ。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 身体が悲鳴を上げているというのは、頭を締め付けるような頭痛が始まったのです。頭が超蒸れているせいなのか、塩分や水分が足りていないのか、体がオーバーヒートしているのか、ハンガーノックか……。よくわかっていないので、ヘルメットのアジャスターをちょっと緩め、水を頭から被ってクールダウン。ちょっと落ち着いたら再度出発。

 行きはあんなにつらかったバーミヤン坂を下ハンドル使いつつさっくり下りる。下ハンドルに持ち替えるのはまだ慣れなくてドキドキするけど、ブレーキちゃんと握れる!!ブレーキかかる!!!という感動。そんなこんなで、あっという間に矢野口ローソン到着。

 少し休憩ののち、たまリバー経由で帰宅。

 晩飯のビールが体に染みわたったいうまでもないですね…(゚д゚)ウマー

 

まとめっぽいもの

 さて、しんどかったけどまぁなんとかなった尾根幹。繰り返されるアップダウンは足にも気持ちにもくるね。でもまた行こうと思います。めっちゃ練習になった…と思う。それに加え、尾根幹の向こうにダムとか湖とかあるみたいなのでそっちもいつか行きたい。そのためには、単なる通り道として尾根幹をやっつけねばなるまい。レベルを上げて物理で殴りたい。

 同居人はクロスバイクだけれども、割と余裕な感じで走っていた…。少なくとも、上り坂はちぎられた……。やはり、機材よりもエンジンである人間が大事ね。知っているけども! レベルを上げて物理で殴る! レベル上げるため、自転車に乗らない日はスクワットやります…。

 

 ぼちぼちビンディングシューズが欲しいけれども、とりあえず佐渡は今のままで進めていこうかなと。ボーナス出たらビンディングシューズかなぁ。

 佐渡向けには、服装をちょっと変更しようかなと。現在、長袖ファイントラック+長袖夏用アンダーアーマー+半袖ジャージという構成です。汗対策は万全だけど、さすがに重ね着だから暑い。半袖ファイントラック+夏用アームカバー+半袖ジャージでやっていこうかなと考え中。

 あとは水ボトル2つ運用かなぁ……。あと、ボトルの中の水をスポドリとかにしたほうがいいのかな。ポディウムボトルを洗うの大変そうで踏み出せてないんだけど。

 ヘルメットも買い替える際にはちょっとイイ奴にして、通気性の高いやつにしたい。どれくらい変わるんだろう……。

 

 今シーズンはたくさん自転車乗るぞー!!!!