えびちゃりログ

初心者ロードバイク乗りの記録

れっつ洗車!

 先日買い集めた(いわゆる)ケミカルでチェーンとフレームをきれいにしてみたの巻。写真は撮り忘れたので写真なし。
 参考にしたのはこちらのブログです。

yuya226k.hatenablog.com

 これまで、掃除と注油が1Stepで出来るやつを使ってましたが、そろそろ卒業しようかなと思った次第です。(1Stepクリーナーはまだ残っているので、いい感じに併用するか……)

 フォークとフレームの隙間とか砂汚れが結構ついていたので洗いたいけども水でまるっと洗うのは気が引けていて出来ていませんでした。しかし丁度よさそうな洗浄フォームを見つけたこともあり、メンテナンスやるぞという機運に。
 買ったケミカル類はこちら。

ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤 A310 180ml A310

ワコーズ CHL チェーンルブ 浸透性チェーン用防錆潤滑剤 A310 180ml A310

ミノウラ CR-100 チェーンローラー

ミノウラ CR-100 チェーンローラー


 後ろのホイール外して、チェーンキーパー付けて、メンテナンススタンドで自転車を立てて洗車! と文字にするのは簡単だけど……。

 後ろのホイール外した状態でチェーンキーパー付けるのが大変だったので、一度天地を逆にして置いて(地面にハンドルとサドルをつけた状態)チェーンキーパーをつけたら、前輪のチェーンが落ちて慌てたりした。

  1. チェーンクリーナーをチェーンに吹き付けてブラシでこすり、ウエスAで拭う。
  2. フォーミングマルチクリーナーをフレームの気になる汚れに吹き付けて、綺麗なウエスBで拭く。
  3. フォーミングマルチクリーナーをチェーンに吹き付けてウエスBで拭く。
  4. チェーンルブをチェーンに吹き付けて、軽く綺麗なウエスCで拭く。
  5. チェーンキーパーを外して、ホイール装着し、再度メンテナンススタンドにセットする。
  6. リアやフロントのギアを変えつつオイルをなじませ、ウエスCでオイルをそこそこ拭く。

 チェーンキーパー付けているのは、タイヤにオイルなどが付かないように……と思ってのことなんだけども。若干めんどいな~~~~~。ある程度ウエスでカバーしてやれば、別に気にしなくてもいいのかしら……。ヌヌヌヌ。
 そしてウエスは3枚は必要だ。とりあえずウエスとしてAmazonの安いクリーニングタオルを使い捨てにしているけれど、ワイプオールってのがいいんだろうか。

Amazonベーシック マイクロファイバー クリーニングクロス 48枚入

Amazonベーシック マイクロファイバー クリーニングクロス 48枚入

日本製紙クレシア ワイプオール X70 不織布ワイパー レギュラー 335×343mm 四つ折り (50枚入り) 60570

日本製紙クレシア ワイプオール X70 不織布ワイパー レギュラー 335×343mm 四つ折り (50枚入り) 60570

 なんにせよもうちょっと試行回数増やして最適化したいー。

脱フラぺ! ビンディングペダル(SPD)でびゅ~

 ロードバイクが来てからかれこれ1年弱になりますが、やっとフラットペダルを卒業してビンディングペダルになりました。恐らく、ロードには1300km位しか乗ってない…ので、まだまだヒヨッコですが。

 ビンディングペダルは漕ぐことを重視したSPD-SLと歩けることを重視したSPDがありますが、自分の自転車の乗り方を考えるにSPDで良いなと判断。
 Y's Roadで試着して好感触だったGIROのREPUBLIC R KNIT(黒)を別日に購入し、あとはペダルだけ……というところでした。

GIRO REPUBLIC R KNIT

 週末は猛暑!という具合に暑い日でしたが、陽が多少かげって来た夕方を待って、お世話になっている自転車屋さんへ行ってきました。

 事前に先輩ロードバイク乗りさんに「PD-M520(両面SPDになっているマウンテンバイクモデル)もいいよ」と教えて貰っていました。ちょうどお店に在庫があったのでそれに決めました!

シマノ 両面SPDペダル PD-M520 ブラック EPDM520L

シマノ 両面SPDペダル PD-M520 ブラック EPDM520L

 片面フラットペダルのもあったけど、表裏を意識するのはまだ難しそう……という気になったから。たぶん、普通のスニーカーとかで乗らないし、乗ったとしてもまぁどうにかなるでしょう……。

 お店の人にビンディングシューズも渡して、ペダルとクリートを付けてもらい万全な状態に。お店のローラーで練習もさせてくれるということで、有り難く練習させてもらいました。
 思ったよりも付け外しできたのでほっと一安心。でも、パニクったときに果たしてちゃんと外せるのか?という若干の不安はあります。お店の人には「目線は落とさないように」「付かなくてもいいや くらいの気持ちで漕ぎ出せばいい」と教えてもらいました。

 お店から家までの間、何度か足をついたので付け外ししたわけだけど、もうちょっと練習は必要かも。無意識にやっていけるくらいになりたい。

 走った感じとしては……(まだほんの短距離しか走ってないけれど、)かる~く足が回る!という感じを得ました。もしかしたら、ペダルが新しくて油が効いてるとかいう可能性もあるかも? もう少し距離を走って調子を確かめていきたいですね。

 SPDのビンディングシューズとはいえ、コンクリートの地面ではクリートが地面に当たるのを感じます。まぁこれは仕方ない。自転車で行った先で遊ぶ分には問題なさそうなので、今後が楽しみでっす!

フレンドとY's Roadへ

 前回のサイクリングでスポーツ自転車に興味を持ったフレンド。ラレーが大変好みらしく、色々と調べていた様子。ラレーの試乗車をちょろっと探してみたら、Y's Road二子玉川店にちょうどラレーのクロスバイクの試乗車があるようだった。

(ちなみに、Y's Roadの試乗車はここにまとまっている。webで確認できるのは便利で助かる)


 早速お伝えしたら試乗に乗り気でお店に行くのに誘われた。もちろん、待ってましたとばかりについていきました。自転車で行ける距離なので自転車でゴーゴー。

 建物に1階に駐輪場(無料)があるけれど、Y's Road店舗前にサイクルラックがあるのを知っていたので、担いでY's Roadのフロアまで上がる。休日なのかロードバイクで来るお客さんもいるようで、ラックもほどほどに埋まっていた。

 早速、フレンドはラレーの自転車を眺めたり、カタログに目を通したり。本来目をつけていたクロスバイクは店頭にはなく、別のモデルのクロスバイクが置いてあった。
 フレンドは店員さんにラレーの話を聞いたり、用途を伝えてどういったものがいいか相談をしていた。もともとはフェンダーもついているようなお散歩寄りのクロスバイクを希望していて、通勤と休日のまったりサイクリングにはそれが丁度よさそうであった。試乗車として乗れるモデルはそれよりもスポーティなもので、フェンダーなしのモデルである。

 談笑を交えつつ、付き添いもワチャワチャしながら、フレンドは試乗するための手続きを終えて、いざ試乗。お店の近辺を自由に走っていいとのこと。

 せっかくなので一緒にちょろっと走ってみたり、こっそり乗せて貰ったりしたい。クロスバイクにしてはタイヤが細いし、漕いだら漕いだだけキュンキュン走りそうだ。

 試乗をしたフレンドは、こちらも悪くないなという感触を持ち始めていた様子。乗った感じがわかる自転車にするのか、乗った感じがわからないけど注文するのか、心理的な障壁は結構ありそうだ。

 ちなみに、私はお散歩向けよりもこちらのスポーティな方が自分の好みであった。ロゴもクラシカルでカッコイイし、フェンダーないから輪行するならしやすそう。それに加え、後で店員さんから聞いて知ったが、こちらのモデルはロードバイクのパーツであるClarisを使用しているとのこと。そりゃ走る指向だ。タイヤも25cで、私のロードバイクと一緒であった。

 悩んだ末、フレンドはスポーティなモデルで注文していました。注文おめでとー!! 納車されるのが楽しみですね。

 人が買っているのを見ると、自分も欲しくなるぜぇ……。クロスバイクほすぃぜぇ……。

 帰りは二子玉川ライズの裏手にある二子玉川公園に寄って、スタバのドリンクで喉を潤してから帰りました。クールライムうま~~~~

穴子天丼とのんびりサイクリング

 最近、ネトゲ仲間が自転車づいていたりします。ただ、フレンズ達は他県の為、気軽に一緒にライドとか出来ないのですが…。

 そんな中、比較的近隣にお住まいのフレンドが自転車にご興味があるという。通勤用のママチャリは持っているようなので、せっかくなので一緒にのんびりサイクリングをすることにしました。

続きを読む

2018スポニチ佐渡ロングライドのCコースに参加して100km走るよ!~準備編~

 元々、ロードバイクに興味を持ったきっかけがアザミユウコ先生の「いきなりロングライド」を読んだ為だったので、ロードバイクを手に入れたら佐渡ロングライドにはいつか参加するぞ!と思っていた。この度、その念願が(半分ほど)果たせたのでした!

いきなりロングライド!!~自転車女子、佐渡を走る~ (IDコミックス REXコミックス)

いきなりロングライド!!~自転車女子、佐渡を走る~ (IDコミックス REXコミックス)

 行くまでは「いきなりロングライド」や過去大会に参加された人のブログ記事などを読んで、準備に勤しんでいました。100kmのスタート時刻とか、直前に来る参加者ガイドに記載されているけれど、それまではわからないので不安があったし……。そんなわけで、準備含めてちょっと詳しくまとめておこうと思います。

 準備はいいから、佐渡の良さを見たい!という場合は当日編を読めばすぐわかるよ! 記事を読んで、より「佐渡ロングライド、気になる!!」ってなってもらえたら幸いです。

申し込みetc.

 2月上旬にスポエンで申し込み開始。その一週間後くらいに、公式がサポートする宿泊ツアー(フェリーも含んでいる)の申し込みが開始。宿泊ツアーの申し込みは、FAXか郵送というアナログな手段になっているので注意……。私はFAXで申し込みました。セブンイレブンのマルチコピー機がFAXも可能なので、自宅にFAXがなくても安心。宿泊ツアーは第3希望くらいまで宿を記載します。予約に出遅れたこともあり、今回の宿泊は両津でいいかと思って両津に。(しかし、実は大会場所の佐和田と両津はバスで1時間程かかるのであった……。)

 宿泊ツアーの宿泊先確定のお知らせが郵送で4月上旬に来ます。その後、入金。銀行振り込みとクレジットカードに対応とのことですが、クレジットカードは紙にカード番号を記載してFAXか郵送というアナログな手段になっているので注意が必要です。(ここもオンライン決済してほしいところだけれども、宿泊地を確定させたりなんだりが人力で決済もそれによって人力なのかな……。ぐぬぅ)

 宿泊ツアーに申し込みとか独立して、シャトルバスの申し込みもあります。フェリーターミナルから前夜祭会場、前夜祭会場から宿泊地、宿泊地から当日会場など、シャトルバスが出ています。事前申し込み必須なので、要申し込み。

 大会一週間前くらいにゼッケン引き換え票、参加賞のTシャツ、参加者ガイド、荷札などが来るので事前に忘れずに読むのが大事。

 申し込んだフェリーの時間に合わせて、新幹線の切符の手配なども忘れずに。

準備

 車検が必要なので、自転車購入店でチェックしてもらいました。何もなくてもいいから、たまには来てもらって大丈夫ですよと言って貰っちゃったので、たまには見てもらおうかな……。(贔屓にしたいけれど、用事がないのに顔を出すのって難しい……)
 チューブは念のため2本にして、補給食も追加。
 持っていくウェアは前日まで悩みました。前日雨で当日もそこまで気温が上がらない感じ。しかも、早朝は寒い…。

持ち物

 結局持って行ったのはこんな感じ。移動用の服とウェアは分けたのもあり、荷物多めですがリュックに収まった感じ。

 ウィンドブレーカーは普通の?ウィンドブレーカーなので、移動用にも使いました。前日の小雨を撥水できたのはよかった……。

  • 車検証、ゼッケン引き換え票、シャトルバス利用票、荷札(ゼッケン番号、ナマエ記載)、参加者ガイド
  • 輪行袋、フロントライト、サイコン、リアライト、ドリンクボトル
  • サイクルウェア・装備(サイクルタイツ、長袖ファイントラック、長袖ヒートギア、半袖ジャージ、ウィンドブレーカー、サイクルキャップ、グローブ、ヘルメット)
  • 着替え、ハンカチ
  • 眼鏡ケース、サングラス、コンタクトレンズ
  • 財布(現金、健康保険証、クレカ)、Suica、新幹線切符
  • コンデジ、充電器類
  • 補給食
  • 日焼け止め、一泊スキンケア、タオル
  • ヤドン

前日編に続く。